トラックを中古で購入することのメリット

トラックを購入する際に新車で購入するのと、中古車を購入する場合とでは、どのような違いがあるのでしょうか。一般車とは違い、購入する目的については業務に使用する目的が大きいことから、それぞれの車両についての機能性の面でどのような車を選べば良いかも考える要素であります。また予算も決まっている中で、どれくらいの価格が必要であるかを考えることも大切であり、一台の購入における必要な価格も押さえておくことは、購入前に考えておきたいことです。まずはどのようなメリットがあるのかを押さえておき、自分が欲しい車で必要性のあるものを探していきましょう。そこから自分に合った車両を見つけることが出来て、購入をしてから業務等に利用する計画を立てていくことが出来ます。

安い価格で購入することができる

中古トラックを購入するメリットとして、新車購入の価格よりも安い価格で購入できるという点があります。トラック本体の価格はとても高価であり、大型であれば一千万円を超える価格のものもあります。これが中古であれば、違うグレードでも同じ機能の車両で格安で購入出来ます。購入価格の差はおよそ数百万円ほどあり、その分車両への諸経費に充てることも出来ます。たとえば走行のための燃料費をはじめ、自動車税などの維持費、自動車購入の際には自賠責保険や任意保険にも加入する必要があるので、これらの諸経費が予算内で賄うことが出来るのは、安価で購入が出来ることのメリットでもあります。また購入後に使用する上で必要となるオプションなどの装備についても、予算内の諸経費で賄うことが出来ます。車両によっては既に装備や機能が加わったものもあり、上手に選ぶことで必要に応じた車両が選べます。

納車までが早くすぐに利用出来る

新車トラック購入との違いは価格だけではありません。納車にかかる時間についても大きな差があり、購入後すぐに利用したいことを考えると、納車のタイミングが早い方が良いでしょう。新車購入の場合は、メーカーを経由して販売店に卸されることから、中間マージンが発生する価格で販売されますが、中古車で購入をする場合は現車が販売店にあることから中間費用は発生しません。装備やオプションを追加する場合では、新車の場合はさらに時間がかかり、納車するまで約一か月かかるということがあります。この場合、装備やオプションが既に備わっている車両を選べば納車まではすぐであり、また新車では取り扱いのない車両や、絶版車、台数の少ない車両などから、予算に応じて選択も出来ます。いずれにしても店舗に現車があることで納車もすぐに行えます。

自社工場を完備しているので、お客様のご希望のお車をお作りすることが可能です。 平成6年に前身の上野商店として創業、平成18年上野自動車株式会社として設立。 上野自動車株式会社では、中古トラックや重機などの買取・販売を行っております。 様々な種類のトラックや特装車などの、レンタルとリースも承ります。 ご不要の中古トラック、建設機械などを高く買取致します。お気軽にご相談ください。 中古トラックならおすすめはこちら